北京五輪・・・新聞では「成功」だが、中国でもネット民の間では批判

中国共産党中央機関紙の人民日報は24日、1面の総括記事で「8月、北京は世界の舞台であった」と五輪は成功したと報じた。各紙も国内外の声を引用し五輪成功の権威づけに懸命だ。しかし、インターネットには批判も少なくない。統制された公式メディアとは違い、ネット世論を掌握しきれていない中国共産党の報道統制のほころびから、北京五輪の真実の姿がかいま見える。

 人民日報は「北京、五輪の日々」の記事で、「党中央、国務院の指導のもと全力を注いで開催された五輪が国際社会、各国選手、人民を満足させた」と論評した。開幕式、選手村、会場、交通、ボランティアに対する国際オリンピック委員会(IOC)関係者の絶賛ぶりを紹介。市民へのアンケート調査で99%が「なんらかの形で五輪にかかわっている」と答えた結果などを引用し、五輪には市民の積極参加があり、ボランティア意識や列に並ぶという文明的生活習慣など、市民に与えた精神的遺産も大きいと評価した。

 新京報、環球時報、北京青年報はシンクロナイズドスイミングの米国チームが「謝謝、中国!」と書いた横断幕を掲げ入場する写真を1面に掲載した。開会式での「口パク事件」や人権活動家の拘束など五輪に対するマイナス報道はほぼ統制され、陸上男子ハードルの劉翔選手の土壇場での棄権問題については「劉選手擁護」で各紙が足並みをそろえた。

一方、ネット上では掲示板やブログで、外国サイトから情報を得たネットユーザーの多様な意見があふれた。胡錦濤国家主席も重視しているという人民日報運営の掲示板「強国論壇」では、「そんなに金をかけて五輪をするな。金持ちはそんなに多くないし、素直な人民もそんなに多くない」「金メダルの数からすると中国は強大になった。だが、われわれが必要なのは毎日1人当たり300グラムの米と150グラムの肉だ」「五輪でどれほど浪費したのか。劉翔は国家のものか。五輪の総括が必要だ」「金メダルが増えると劉翔みたいな選手が増えるのか、たえられない」といった厳しい意見も少なくなかった。

 また、体操選手の年齢詐称問題については「農村では年齢を詐称して結婚することはよくあることだ」といった皮肉もあった。

 こういった五輪批判は削除の対照になっているが、現実にはその膨大な書き込みの前に削除しきれていない。このためネットにかいま見える国民の本音こそが、五輪の成功度をはかる裏のバロメーターといえそうだ。 【北京=福島香織@2008.8.24】

IOCロゲ会長、北京五輪中のデモ地区への中国の対応を今更批判

デモ全面却下「普通でない」=IOC会長〔五輪〕

国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長は24日、北京五輪を総括する記者会見で、期間中に指定公園でのデモが1件も認められなかったことは「普通ではない」と述べ、中国当局の対応を批判した。デモの申請が77件あったが、中国政府は「話し合いで問題が解決した」としている。 
 デモ申請を繰り返した高齢女性2人が行政処罰の「労働教養1年」を受けたことについては、「北京五輪組織委員会とも話したが、中国の法律を適用したものだという回答だった。IOCとしては中国の法を尊重するしかない」と語った。(8月24日 時事通信)

ニュースをうけ寄せられたコメントより。


政治面では大失敗でしょう。
オリンピックやるために多量のチベット人が殺され、
イスラム教徒、ウィグルが殺され・・・。
政治犯にされる方も続出。

平和の祭典ではなかったな。


閉会式を迎える今頃何で批判。??

国家権力とグルになって五輪成功あるのみと
思っており今なら発表しても大きな問題とは
ならないだろうと考えたからかい。??

報道規制をし、国家権力に有利な情報しか
流さなかった五輪なんて、IOCを含めて
最悪だったと思う。!!


ボルト選手のガッツポーズを批判するくせに、中国の人権問題、報道の自由に全く触れないロゲさん。


明らかに大失敗だったが、自分達が中国での五輪開催を決定してしまっただけに、その失敗を認めたくない。
それがIOCの本音だろ。


IOCも何を考えてるのか・・・
今更意味不明って感じです。
中国とはそんな国なんです
先進国の仲間入りしたいだけの
真似ばかりの国で
何も進歩しない国なんです。
そんな国でオリンピックを開催した
IOCの方が普通でない。
ほんとシラケタオリンピックイヤーでしたね

「中国の人権状況、五輪で悪化」と国際人権団体が声明

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(本部・米ニューヨーク)は22日、北京五輪閉幕を前に「中国の人権状況は、五輪開催によって悪化した」と総括する声明を発表した。

 同団体は「五輪開催が、中国政府による相次ぐ政府批判者の拘束や言論抑圧などにつながった」と指摘。中国政府が五輪誘致の際に掲げた「人権状況を改善する」との国際的な約束は守られなかったと指弾した。

 また、国際オリンピック委員会(IOC)についても、中国政府に対し、人権状況改善の働きかけを怠ったと批判した。

 中国政府は五輪期間中、北京市内3か所の公園に限り事前申請を条件にデモを認めるとしたが、実際には「公共の秩序を乱した」などとして申請者を労働教育処分にするなど、政府批判を封殺する従来の姿勢を崩していない。 (8月22日 読売新聞)【香港=吉田健一】

中国軍がチベット群衆に発砲、死者140人の情報も─ダライ・ラマ=仏紙

中国軍がチベット群衆に発砲、死者140人の情報も─ダライ・ラマ=仏紙

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が、中国軍が今月18日にチベット東部のデモ参加者たちに向けて発砲したとして、中国当局を非難した。また、チベット人140人が死亡したとの未確認情報があることも明らかにした。
21日付の仏紙ルモンドとのインタビューでダライ・ラマが語った。
それによると、現場はチベット東部のKhamという地区。(パリ 8月21日 ロイター)

ネット上に寄せられたコメントより


中国は直ちに国連調査団の受け入れを!
国連も要請を!



やはり、平和友好的な態度はポーズだったか。中国政府は未だ沈黙を守っているようだが、この件について直ちに納得のいく説明をすべきである。もっとも、140人もの人間を殺しておいて、反政府テロリスト云々という言い訳は通用しない。「弾圧」と呼ぶに相応しいだろう。


オリンピック開催に当たって、国際社会とした約束(人権の尊重、報道の自由、宗教の自由)を守らない国。あげくに外国人記者との会見で、外交部の責任ある立場の者が逆ギレして「興奮剤が足りないか」などど言うような国。

中国側の発言の、何を信じろというのか。

客観的な調査団を受け入れるべきだ。



このような重大な出来事がオリンピックの影響で報道番組でしっかり取り上げられていない日本の報道態勢を危惧します。彼らのデモ活動は、ダライ・ラマ法王の「平和的解決」の意思が民衆に届かないほど、弾圧・虐殺が積み重ねられている証拠です。早急に解決しなければ、強硬派が過激な行動を開始する事は目に見えています。オリンピックに浮かれている場合ではありません。



右手で五輪の旗を振り、左手には銃を持って人を殺す。
こんなくだらないことがあるか。

ウイグル自治区カシュガルのテロ事件と北京五輪に立ち込める暗雲

ウイグル自治区カシュガルのテロ事件と北京五輪に立ち込める暗雲


テロの不安、五輪に暗雲=最大懸案が現実に−中国〔五輪〕

8月4日17時17分配信 時事通信

 【北京4日時事】中国新疆ウイグル自治区カシュガルのテロ事件は、北京五輪の開幕4日前という最悪のタイミングで発生した。しかも、当局がウイグル独立派の妨害を想定し、かつてない厳戒態勢を敷いたにもかかわらず事件を防止できなかった。最大の懸案が現実のものとなり、五輪の祝祭ムードに冷水を浴びせられたことに、指導部が受けた衝撃は計り知れない。
 北京五輪安保指揮センターの田義祥軍隊工作部長は1日、外国報道陣を前に「われわれには強力な情報機関があり、テロ勢力の活動を既に掌握している」と指摘。新疆自治区のマイハスティ副主席も「破壊活動は芽のうちにたたきつぶす」と述べていたが、カシュガルの事件でこうした自信は覆された。
 胡錦濤国家主席は同日、海外メディアとの会見で「五輪成功の決定的要素は団結、友好、平和のオリンピック精神を輝かせられるかどうかだ」と語り、五輪を通じて「調和社会」を印象付けたい考えを示していた。
 しかし、3月のチベット暴動に続いて起きた新疆のテロ事件は、中国の民族問題が先鋭化している実情を露呈。少数民族地域が団結や平和とは程遠いことを浮き彫りにした。
 中国当局は事件の背後を徹底捜査する一方、各国の選手団や報道陣が集まる北京と他の競技開催都市で警備を一段と強化。テロ防止の万全の態勢づくりに努めるが、カシュガル事件が五輪に大きな影を落とすことは避けられそうにない。(了)
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080804-00000097-jij-spo&s=points&o=desc


これを受け、ネット上では以下のような意見が交わされる。

  • 今回のオリンピックを東トルキスタンやチベットの人々は、
    漢民族による一方的な支配の現状を世界にアピールする
    最後の機会だとして命を掛けてると思う。

    これはテロ行為じゃなくて戦争。
    国内で戦争やってるのに「平和の祭典」を
    やろうとするんだから仕方がないよ。

    止められるわけがない。

  • 中国の民族問題という曖昧な書き方をしているが、その実態は中共による民族浄化だ。

    中共政府は2006年6月から、東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)の若い女性を親元から強制的に引き離し、遠く離れた山東省など沿岸部の都市に集団連行している。
    対象になっているのは15歳から25歳の女性で、その数は40万人。中共政府は、対象地域の集落に対し「各戸から5年以内に最低1人の域外就労」を強制。連行した女性が逃げた場合には高額な罰金を科すといって脅してきた。

    しかも、実際の労働条件は奴隷労働に等しい。中には性的暴行を受けた女性や、性産業に売り飛ばされる女性もいる。

    ウイグルから若い女性を連れ出して、漢族と結婚させるようなことすらやっている。これを中国によるウイグル人同化政策と称する向きもあるが、要するに「民族浄化」をやっているのだ。ウイグルの人口は急速に減少している。

  • 中国が「国威」をかけて成功を望むなら
    弾圧された民族は「命と誇り」をかけてテロを行うだけ

    テロなんて起きないほうが良いけど
    それは無理
    だって
    いまだに一党独裁が永久に続くと夢想してる指導者
    洗脳教育を受けていることに気づきもしない国民

    60年前の日本と同レベル

    しょせん中国は、どんなに背伸びしても二等国家

  • 自らが行った悪政に対するテロで、中国がどうなろうと知ったこっちゃないけど、日本人選手と在中日本人の安全だけは確保してもらいたい。

  • あぶないね。
    なにかおきるかもしれないね。

    開会式が気になるな。
    どこかの馬鹿な国の報道が、開会式場の映像を漏らすし、
    テロをやろうっていう連中なら絶対にその映像は見逃さない
    だろうな。

  • 中国が今までにチベットやウイグルなどの民族をどれだけ虐殺してきた、それを考えると彼らは自分たちの最後の望みをこの世界が注目しているオリンピックの時期にかけるしかないだろう。

    若い女性を連れて行って、子供の産めない体にしてその地区に送る政策などを積極的にやっている現状、この問題は解決することはない。彼らは生死をかけて戦ってるんだよ。

    ウイグル・チベットなどの民族が平和になれる平和の祭典になることを望む。

  • 中国政府のウイグル自治区の弾圧はかなりものだという情報が漏れ聞こえてくる。
    それこそ中国が南京大虐殺で日本兵が行っていたと主張する残虐行為をそのまんま漢人がウイグル民族に行っていたということらしい。(死に至る拷問、女性への性的虐待など)
    そういうことをしている中国が五輪を行う資格はもちろんないが、それ以上にこの事件を北京五輪の視聴率に響くからと取り上げたがらない、もしくはウイグル人の過激派のテロと決め付ける日本のマスコミには反吐が出る。

震災被災地、四川省での聖火リレー

北京五輪の聖火リレーが8月3日、四川省広安市で行われた。


四川省で聖火リレー=復興・五輪へ愛国心高揚狙う−中国〔五輪〕

8月3日9時20分配信 時事通信

 【広安(中国四川省)3日時事】8万7000人以上の死者・行方不明者をもたらした5月の大地震が直撃した四川省で最初のリレーとなり、震災救援に尽力した「英雄」らが聖火を掲げ、復興への固い決意を示した。さらに、8日開幕の北京五輪に向けて国民の愛国心を高める政治的狙いがある
 広安市は、改革・開放の総設計士と呼ばれる故・トウ小平氏の故郷で、リレー出発地点としてその生家が選ばれた。トウ氏は中国への五輪招致を最も早く明確に提唱した指導者。今年が中国にとって五輪開催と改革・開放30周年という節目の年であることを内外に印象付ける思惑もある。
 同市そのものは被災地ではないが、第一走者は、北川県で2歳の娘や母親ら親族10人を亡くしながら、警察官として救援活動の最前線に立ち続けた彭州市公安局の蒋敏さん(28)が務めた。蒋さんは「中国最強の女性」と取り上げられた「一級英雄模範」だ。
 聖火リレーは市内の7.3キロを189人でつなぎ、「中国頑張れ、五輪頑張れ」と叫ぶ市民の熱狂的な声援が続いた。沿道では数千人の警官が警備する厳重態勢が敷かれた。リレーは4日午前には楽山市で行われ、同日午後は被災地の綿陽市と広漢市で聖火イベントが開催される。5日午前の成都でのリレーを経て、聖火は6〜8日に最終地点の北京で引き継がれ、クライマックスを迎える。
 四川省での聖火リレーは当初、6月15〜18日に実施される予定だったが、大地震で延期された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080803-00000011-jij-spo


ネット上では、以下の様な意見が交わされている。

  • 北京五輪ネタは毎回パターンが同じなので飽きました。

  • おそらく全世界の多くの人がうんざりしてると思います。
    もっと世界のためになる記事を配信してください。


  • オリンピックはある程度政治的に利用されるものと
    思っていましたが、中国の場合は露骨ですね。!!

    チベット問題、ウイグル問題などそっちのけに
    隠したままで果たして愛国心が高揚しますかね〜。

    若い世代は共産主義の時代と異なり、かなり意識が
    変わってきていると思います。

    態度ではいかにも国家権力に従っている様に見えますが、
    経済的に豊かになってきている現状では腹の中では
    せせら笑っている様な気がしますが。??


  • 愛国心愛国心と騒ぎ立てる国は、常に愛国心と騒いでないと愛国心を忘れられてしまうんだろ。



  • 報道制限・情報操作などないように真実を伝えていってもらいたいです。


  • あまり露骨な国威発揚は止めて欲しいですね。 特に四川省では、聖火リレーよりも大事ことがあるでしょうに。 例えば、学校などの建物が簡単に壊れた話はどうなっているのですか。


  • 英雄の地震を偲ぶ聖火かな 言論の自由を無くした愛国心...




  • 中国と日本の温度差は広がるばかりのようだ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。