中国軍がチベット群衆に発砲、死者140人の情報も─ダライ・ラマ=仏紙

中国軍がチベット群衆に発砲、死者140人の情報も─ダライ・ラマ=仏紙

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が、中国軍が今月18日にチベット東部のデモ参加者たちに向けて発砲したとして、中国当局を非難した。また、チベット人140人が死亡したとの未確認情報があることも明らかにした。
21日付の仏紙ルモンドとのインタビューでダライ・ラマが語った。
それによると、現場はチベット東部のKhamという地区。(パリ 8月21日 ロイター)

ネット上に寄せられたコメントより


中国は直ちに国連調査団の受け入れを!
国連も要請を!



やはり、平和友好的な態度はポーズだったか。中国政府は未だ沈黙を守っているようだが、この件について直ちに納得のいく説明をすべきである。もっとも、140人もの人間を殺しておいて、反政府テロリスト云々という言い訳は通用しない。「弾圧」と呼ぶに相応しいだろう。


オリンピック開催に当たって、国際社会とした約束(人権の尊重、報道の自由、宗教の自由)を守らない国。あげくに外国人記者との会見で、外交部の責任ある立場の者が逆ギレして「興奮剤が足りないか」などど言うような国。

中国側の発言の、何を信じろというのか。

客観的な調査団を受け入れるべきだ。



このような重大な出来事がオリンピックの影響で報道番組でしっかり取り上げられていない日本の報道態勢を危惧します。彼らのデモ活動は、ダライ・ラマ法王の「平和的解決」の意思が民衆に届かないほど、弾圧・虐殺が積み重ねられている証拠です。早急に解決しなければ、強硬派が過激な行動を開始する事は目に見えています。オリンピックに浮かれている場合ではありません。



右手で五輪の旗を振り、左手には銃を持って人を殺す。
こんなくだらないことがあるか。


Yahoo!ブックマークに登録    「はてなブックマーク」 この記事をはてなブックマークに登録

当記事はリンクフリーです。よろしければ以下のタグもお使いください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。