善光寺の聖火リレーの辞退を受けて各国メディアの評価は

善光寺による聖火リレーの辞退を受けて、外国メディアから賞賛の報道があった。取り上げたブログを引用させて頂きたい。


善光寺を支持する外国メディア、支持しない国内メディア ー信義誠実を求めて

「善光寺が発した静かな怒りは、世界の全仏教徒のみならず宗派を超えた宗教指導者が身を切るほどの警告となった」@CNN(アメリカ)

「ZENKOUJIは一滴の血も流さず、一個の石(投石?)も用いずに最大級のデモンストレーションを成し遂げた」@NBC(アメリカ)

「日本の対中外交の勝利をもたらしたのは、政治家ではなく若き僧侶だった」F2

「2000年の時を越えて、遠い東の国にBuddismの精神が変わらず受け継がれていることをZenkojiはこれ以上にない方法で示した。我々は、我々と同じ価値観を共有する日本国民と日本の仏教界に強い尊敬と親しみの念を覚える。」@IDN(インド)

「物静かで政治的な主張をしないことで知られる日本が動いた。拡声器もプラカードも用いないその静かな抗議の声はしかし、どんな喧騒よりも深く強く世界の人々の心に届くに違いない。」@BBC(イギリス)

「聖火リレーのボイコットを表明したその日も、Zenkojiは静かだった。その日、Zenkojiの境内で取材を続ける私は、全身にしみこむ鐘楼の深く低い音に思わず立ち尽くした。憎しみや悲しみを洗い流すこの聖なる音色が1300年にわたり受け継がれていることは世界の奇跡である。」@AE通信(オーストラリア)


各国メディアの内容はまさに絶賛。言い回しも絶妙だ。

善光寺は当初、日本での聖火リレーの始点だった。しかし周囲の批判の中、スタート地点として辞退した。(記憶に間違いがなければ批判の電話などが相次いだとのこと。)

そもそもチベットがこのような状況にも関わらず、善光寺をリレーの始点とすることは無神経甚だしいという声も多くあったのだが、それはさておき結果的に、効果的な抗議の姿勢を表したということになったようだ。


日本政府も「なすがまま」の傍観を決め込むのではなく、スタンスを明確に国際社会にとるべきではなかろうか。

「物静かで政治的な主張をしないことで知られる日本(政府)」、「日本の対中外交の勝利をもたらしたのは、政治家ではなく若き僧侶だった」などと揶揄されている場合ではない。


Yahoo!ブックマークに登録    「はてなブックマーク」 この記事をはてなブックマークに登録

当記事はリンクフリーです。よろしければ以下のタグもお使いください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。