聖火、28日 北朝鮮に到着


韓国・ソウル(Seoul)で行われた北京五輪の聖火リレーで、オリンピック公園(Olympic Park)で第1走者を待つ中国人留学生(2008年4月27日撮影)


北京五輪の聖火が28日午前0時28分、北朝鮮の首都平壌(Pyongyang)に到着したそうだ。

北朝鮮の聖火リレー組織委員会のLi Chong-Sok副委員長は、北朝鮮は聖火リレーを成功させて「世界を驚かせる」と語ったというが・・・

聖火リレーが無事に終わる、という当たり前のことが「驚かせる」ことと捉えられているということが、今回の聖火リレーの異常さを表しているではないか。

組織委員会によると、リレーの20Kmのルートには、特別な飾付けが施され、数十万人が見守るという。

中国の同盟国である北朝鮮は、聖火リレーでこれまでに行われてきたチベット支持派による抗議活動を非難しており、無許可のデモは厳しく禁止されていることからソウルでのような事態にはならないと予想される。

リレーは同日午前10時に始まり、約5時間後に終了する予定。

記事参考:(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/politics/2384186/2874506#blogbtn


Yahoo!ブックマークに登録    「はてなブックマーク」 この記事をはてなブックマークに登録

当記事はリンクフリーです。よろしければ以下のタグもお使いください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。