空気を読まない阿倍晋三氏の好プレー

中国の胡錦濤国家主席と中曽根康弘、海部俊樹、森喜朗、安倍晋三の歴代首相4人との朝食会が5月8日朝、都内で開かれた。

安倍氏が中国側が神経をとがらせているチベットやウイグルの人権問題を指摘したことで、一時緊迫する場面があった。

前略

中曽根氏は「今まで日中関係は必ずしも良好ではなかったが、7日の日中共同声明により新しい展開が可能になるだろう」と胡主席来日の成果を高く評価。

海部氏は東シナ海ガス田問題について「だんだんよい方向で進んでいるようなので、ぜひその方向で進めてほしい」と要請した。

こうした会場の「緩い空気」(出席者)が一変したのは、続いて安倍氏がこう発言してからだ

「お互い国が違うので、利益がぶつかることもあるが、戦略的互恵関係の構築に向け、相互訪問を途絶えさせない関係をつくっていくことが重要だ」

これは、小泉氏の靖国参拝をめぐり中国側が首脳交流を途絶えさせたことを暗に批判したものだった。安倍氏はその上で、「チベットの人権状況を憂慮している。五輪開催によって、チベットの人権状況がよくなるのだという結果を生み出さなければならない」と指摘した

会場には緊張感が走り、出席者はみな一様に黙り込んだが、安倍氏はさらにウイグル問題にも言及した。

     ――― 以下参考 ―――
(阿倍氏は)東大に留学中の平成10年の一時帰国中、国家分裂を扇動したとして中国に逮捕されたトフティ・テュニヤズさんについて「彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放されることを希望する」と求めたのだ。

「私はその件は知らないので、正しい法執行が行われているか調べる」

胡主席は、こう返答したが、チベット問題については触れようとしなかった。

安倍氏の発言で生じた気まずい雰囲気を修復しようと動いたのが森氏だった。北京五輪について「中国はメダルをたくさん取る作戦でくるのでしょうね」と水を向け、胡主席の笑顔を引き出した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080508-00000967-san-pol
(参照元:5月8日18時37分 産経新聞)


KYと言われる阿倍氏の発言だが、今回の発言はネット上で賞賛の声が多く挙がった。

当たり障りのない発言しかしない歴代首相の中で、唯一「本来首相が言うべきこと」を代弁した形となった。

阿倍氏がどこまで考えて(日中関係を踏まえて突発的なものか、先を見据えての指摘なのか)の発言だったのかは分からないが、本来はこのようなことを言うのが外交であり対話の主旨である。何も言わない「お食事会」ならなら、しない方がましなのだ。

ことなかれ主義に走るからここまで中国を助長させてきたのだ。波風立てない思いやり外交をいつまでも引きずっている場合ではない。ここまできたら波風立ててナンボの外交じゃなかろうか。


マスコミもこの程度で緊張が走るなどと書いていては外から見たら笑いものだが、それ以上に「空気を読まない阿倍氏の発言を失敗として森氏がフォローを入れた」ともとれるような書き方をしているところが問題だ。言うべきことを言っただけであり、勢い余って(かもしれないが)の失言のような書き方をするべきではない。


Yahoo!ブックマークに登録    「はてなブックマーク」 この記事をはてなブックマークに登録

当記事はリンクフリーです。よろしければ以下のタグもお使いください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。