中国、聖火リレー縮小へ

中国四川省で起きた大地震の被害が拡大していることを受けて、北京五輪組織委員会は、14日に江西省瑞金で行われる聖火リレーから式典の簡素化などリレーの規模縮小に踏み切ることを13日明らかにした。


(前略)
北京五輪組織委員会によると、国を挙げて被災地の救援活動にあたっている状況を考慮し、リレーの安全を優先させた。特に歌や踊りなどでリレーを彩っていた出発式典を簡略にする。来賓などのスピーチも短縮し、第1走者がスタートする前には式典参加者全員で地震の犠牲者に1分間の黙祷(もくとう)をささげるという。

 スタートからゴールまでの各地点に募金箱を設置して義援金を募る。「一方有難、八方支援(どこかに困難があれば、四方八方が応援する)」「団結一致、衆志成城(一致団結しみんなが心を合わせればどんな困難も克服できる)」を標語に掲げることで愛国主義を鼓舞し、救援活動を支援するという政治的な狙いも隠されている。

 組織委は一方で、甚大な被害に見舞われた四川省で行われる6月15〜18日の聖火リレーは、予定通りに実施する方針を表明した。
【北京=川越一】(5月14日 産経新聞)


多くの死傷者を出して悲しみに明け暮れる中国の人々がいる一方で、嬉々として聖火リレーをお祭り騒ぎで祝う同国の人がいる。

中国国内でもこのちぐはぐな状況を目の当たりにしてか、まともな意見が出てきているようだ。

この状況を日本に置き換えてみたらどうだろうか。東京で五輪が開催され、地方で大地震が起きたら・・・。オリンピックが平和と人権尊重を謳うのであればやはり中止すべきか。


Yahoo!ブックマークに登録    「はてなブックマーク」 この記事をはてなブックマークに登録

当記事はリンクフリーです。よろしければ以下のタグもお使いください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。